更年期になるとなぜ薄毛が進行するのか

抜け毛、薄毛は男性のものと思われがちですが、実は更年期にさしかかった女性でも薄毛になります。
そしてそれはどんどんと進行していきます。
何故更年期になると薄毛は進行してしまうのか?
そもそも何故薄毛になってしまうのでしょうか。
これを解明していきましょう。

 

性ホルモンの働きの関係

更年期の悩み

髪の毛や体を作っているのは性ホルモンが関与していると言われています。
この性ホルモンは筋肉や骨ががっしりとした男性ホルモンとしなやかで女性らしい体を作る女性ホルモンの2つがあります。
この2つのホルモンは、けして男性ホルモンは男性にしかないのではなく、男性女性共にどちらの性ホルモンも持っています。

 

女性が薄毛になるのはこの性ホルモンのバランスが乱れてしまうからです。

 

女性の体が老化に伴って、卵巣機能が働かなくなってくると更年期障害が発生します。
そして体内で男性ホルモンが優位にたち、女性でも薄毛という現象が発生するのです。
閉経するまで更年期障害は続くと言われていますから、それまで徐々に薄毛が進行すると言ってよいでしょう。

 

更年期でなくてもプレ更年期というものがある

 

しかし女性の薄毛事情はさらに複雑で、プレ更年期と呼ばれるものもあります。
それは30代であるにも関わらず、薄毛が進行していくというものです。

 

多くはストレスや過度なダイエットなどで薄毛になるケースが多く、生理不順なども引き起こします。
ただ、女性の更年期からの薄毛が進行するのを食い止めることは可能だと言われています。

 

毎日の生活の中で、育毛剤を使ったり育毛シャンプーを使うことでケアすることもできます。
さらに食生活に気をつけることも大切です。
今以上に薄毛を進行させないために摂りたいものとしては亜鉛などビタミンやミネラル豊富な食事を摂ることです。

 

薄毛の進行は女性ホルモンの減少が原因ですから、女性ホルモンの分泌を促すよう日々努力することで進行を止めることができます。
諦めずに、コツコツと続けることが必要ですね。