更年期薄毛特有のホルモンバランスを整える大豆イソフラボン

更年期には女性ホルモンのバランスが崩れます。
女性ホルモンのバランスが崩れるからこそ、更年期になると言っても過言ではありません。
ではその女性ホルモンを外から補うことで更年期薄毛や症状は楽になるのでしょうか?
それには大豆イソフラボンというものが活躍してくれます。

 

大豆イソフラボンの効能とは

 

大豆イソフラボンはフラボノイドというポリフェノールの一種とされています。
これは強い抗酸化作用を持っているので、生活習慣病などの予防にも一役買っていると言われています。
ですから更年期以外でも積極的に摂りたい成分です。
また女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っているので、更年期には特に摂りたい成分の1つとなります。
大豆イソフラボンは体内でエストロゲンと似た働きをしてくれるので更年期のエストロゲン減少を満たしてくれる役割を担います。
悪玉コレステロールも減らしてくれますし、骨密度もアップさせてくれるので、年齢を重ねた女性には大豆イソフラボンは力強い味方となってくれます。

 

大豆イソフラボンはどんなものに含まれているのか

 

大豆イソフラボンはその名の通り、大豆製品に多く含まれます。
代表的なものとしては豆腐、みそや納豆、醤油、きな粉などに多く含まれ、食生活に摂りいれていくことで更年期薄毛を予防することができます。
理想的な摂取量としては毎日豆腐1丁分と言われていますが、サプリメントなら30rと決められているようです。
大豆イソフラボンは摂りすぎるとよくないという話もよく耳にしますが、豆腐を毎日1丁、納豆を1パック、豆乳を続けて飲むという生活をする人は果たしてどれだけいるでしょうか。
恐らく皆無に等しく難しいことだと思われます。
ですから大豆イソフラボンは摂りすぎるほうが難しいでしょう。
そう考えると更年期薄毛に対して対抗できる大豆イソフラボンを積極的に毎日摂ろうと努力することはけして無駄ではないということになります。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用をしますから、更年期障害の症状に対しても緩和を見込めます。
症状が辛い人は是非イソフラボンを摂取しましょう。