更年期と薄毛

更年期の薄毛

「更年期に入って薄毛になってきた」
「なんとなく抜け毛が増えて、髪のボリュームがなくなってきた」

 

そんな人を見かける事がありますがそれは一体何故なのでしょうか。
実は更年期の薄毛はホルモンバランスに原因がありますから、諦めずにケアし続けることで髪の毛を保つことができるんです。


 

 

更年期で女性ホルモンが減っていく

 

更年期は一般的に50歳前後の10年間を言います。
酷く長く感じるでしょうが、その更年期の感じ方も人それぞれで、酷い症状で寝込む人もいれば全く平気な人もいます。

 

しかし女性で最も悩むのが、更年期の薄毛です。

 

女性だけでなく、これは男性でも起こり得ることなのですが、ホルモンバランスは髪の毛にも影響を及ぼしているのです。
女性ホルモンは髪の毛の成長、コシやハリを保つためにあり、男性ホルモンは薄毛を促すという特徴を持っています。
更年期に差し掛かると女性ホルモンの分泌が減っていくので男性ホルモンの割合が増えてしまいます。

 

すると男性ホルモンの関係で薄毛になると言われています。

 

男性ホルモンを体から抜いてしまうことはできませんから、どうにか女性ホルモンを補充すれば薄毛は解決できます。

 

そのためには具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

プラセンタや大豆イソフラボンを摂ること

 

更年期障害の薄毛を治す具体的な方法と言えば、一重に女性ホルモンを増やすことです。

 

女性ホルモンを増やすというイメージとしては大豆イソフラボンという人も多いでしょう。
しかし更年期の薄毛に対して大豆イソフラボンで補おうとすると、豆腐を4丁ほども食べる計算になります。

 

それでは多少無理がありますから、プラセンタで女性ホルモンを補うという方法があります。
プラセンタは今では知れた存在です。

サプリメント

ドリンクタイプのものもあれば、サプリメントになっているものもあります。

また注射という手段もあるようですね。
美容効果もうたわれるプラセンタですが、ホルモンバランスを整えることもできます。
即効性はないと言われていますが、続けていくことで若々しい髪の毛を保つことができるでしょう。
体に害のあるものでもありませんし、むしろお肌も綺麗になると言われていますから、更年期で薄毛に悩む女性は一度試してみましょう。

 

更年期障害用のサプリメントで症状を改善していくことで同時に薄毛のケアも期待できます。
また薄毛対策の育毛シャンプーなどもおすすめです。

 

 

当サイトでは女性の更年期の薄毛についてその原因や対策などをしっかり解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。
いつまでも美しい髪を!

 

※更年期におすすめのサプリメントについてはこちらのサイトを参考にしてください。
更年期サプリ